永久脱毛は無制限で行うのではなく数回行う

自宅で行われる脱毛処理の問題点は、脱毛をした効果がそれほど長く続かないことにあります。
脱毛処理をした効果を長く体感するためには、医療手術ができるクリニックに行って永久脱毛の処理を受ける必要があります。永久というのは、体質によっては本当に半永久的に体毛の処理を行うことができることもありますが医学的にはだいたい半年以上の期間を目安にしていることを知っておく必要があります。
人間の体毛は、規則的な周期に従って成長や退行を繰り返していますのでこの正確なリズムを意図的に狂わせることができれば割と簡単に長い期間において脱毛効果を持続させることができるようになります
。成長期に体毛の処理をすることが基本で、成長期に処理を行えば 数ヶ月単位で体毛の成長速度を狂わせることができるメリットが出てきます。
そして、こうした永久脱毛は一般的に無制限に行われるものではなく基本的に数回行うことになります。
永久脱毛とはいっても、その手術の影響が全く肌に対して影響を与えないわけではありません。
無制限にやり過ぎると肌に対するダメージも蓄積されてしまいますので、そうなり過ぎないように期間を置いて許容範囲の回数で手術を繰り返します。
無制限を推奨しているクリニックはないので覚えておきましょう。

脱毛器の使用とほくろの扱いについての心得

市販の脱毛器は扱いが容易なことから誰でも手軽に無駄毛処理を行うことが出来るのが利点です。

また、製品によっては毛穴の奥まで作用する物や肌への刺激を軽減させている物もあるので、自分の体質に適した一品を選ぶことが出来ます。

特に体毛が伸びやすい人や産毛が多い人は脱毛器を上手に活用することで脱毛に要する支出を低く抑えることが可能になります。

その一方で脱毛器を誤った方法で使い続けると脱毛効果が低下したり、肌に傷が付いてしまうことがあるので注意が必要です。

特にほくろを深く傷つけてしまうと色素沈着やほくろの拡大などの不具合に見舞われる可能性もあるので慎重に扱うように心がけます。

ほくろは過度に刺激を与え続けるとがん細胞に変質するケースもあることから、脱毛器を使用する際はほくろを避けるようにすることが安全に無駄毛処理を行うための心得です。

ほくろから無駄毛が生えている場合は毛抜きなどで慎重に抜き取り、周囲の肌に刺激を与えないように配慮します。

また、脱毛を行った後は化粧水などを塗布してスキンケアを施すことが肌の状態を良好に保つための条件になります。

脱毛器は簡単に無駄毛処理が出来る一方で肌への圧力が画一的になりやすいので、体の部位に合わせて力加減を調節することがトラブル回避に繋がります。

痛くないvioラインの医療脱毛の施術方法ってあるの?

レーザーを用いた医療脱毛はエステ系で行われている光脱毛に比べて痛みが強いものです。

vioラインなどの肌が薄い部分なら尚更です。

今回は痛みが不安な方に、vioラインを照射しても比較的痛くない医療脱毛のレーザー機械を紹介して行こうと思います。

現在、日本のクリニックで主に使われている医療脱毛の機械は「アレキサンドライトレーザー」「ジェントルレーズ」の2種類です。

これらは90年代後半と0年代前半に日本に輸入された機械で、元々は白人女性の肌に合わせて作られたものなので、黄色人種である日本人にはやや刺激が強い仕組みになっています。

なので、vioラインの施術を行う時は、この2つの機械を使用しているクリニックを選ぶのはやめましょう。

おすすめなのは「ダイオードレーザー」を用いた医療脱毛です。

比較的あたらしい機械なため、アレキサンドライトレーザーの1/3の痛みで済みます。

ダイオードレーザーの中でも「ライトシェアデュエット」は、効果はやや落ちますが痛くないと言われています。

クリニックによっては施術箇所に塗布タイプの麻酔を用いるところもあります。

痛くない医療脱毛を受けたいなら、事前にクリニックに電話をしてどの脱毛機を使用しているのか確認してみましょう。

全身脱毛をする時は、vioを全剃りしてから施術を受けよう!

全身脱毛の施術を受ける前日は、医療レーザー脱毛や光脱毛の場合は必ず施術箇所の無駄毛を全剃りするのが当たり前ですが、デリケートゾーンであるvioラインも例外ではありません。

初回時から施術3回目程度までは、無駄毛を細くて柔らかい毛に変えるために、あらかじめ全剃りせねばなりません。

vioラインの形の整形は、4回目以降の施術でも整えることができるため、特に心配する必要はないです。

事前に自分でお手入れを行うとなると、vioラインは肌が薄くて弱いデリケートゾーンなので、カミソリ負けなどのトラブルにならないか心配なものです。

 

そんな時は、敏感肌用のシェーバーやカミソリと、市販の肌を保護するクリームを用いてお手入れを行いましょう。

もしも自分でvioラインの、特にoラインあたりを全剃りするのが不安ならば、全身脱毛の施術前に無料でシェービングしてくれるサービス付きのエステやクリニックを探しましょう。

oラインは届きにくい場所で複雑に入り組んだ構造をしているため、スタッフさんに剃ってもらったほうが、初心者の方には尚更良いでしょう。

まずはクリニックやサロンに電話を掛けて、全身脱毛時にoラインのシェービングサービス付きであるかを確認しましょう。

全身脱毛するなら経験者の話を聞く

これから全身脱毛をしてみたいと考えているのであれば、とりあえず経験者の話を聞いておくようにしましょう。

どこのエステティックサロンを選ぶことによって、早い段階で効果を実感することができるのか、その評判位は見定めるようにしておきたいところです。

ランキングサイトや口コミ情報サイトなどがインターネット上にはたくさんあるので、そういったコンテンツに目を向けるようにすれば、ある程度の評判は確認することができるようになるでしょう。

こういった類の情報と言うのは、経験者の話に耳を傾けるのが最も得策だといえます。

全身脱毛したことがあると言う人の経験者がもし自分の身の回りにいると言うのであれば、チャンスだと思って積極的に話しかけるようにしましょう。

お勧めのエステティックサロンにまずは足を運んで、カウンセリングを受けるようにしたいところです。

経験者の話を全て鵜呑みにするのではなく、自分でも判断した上で総合的に通うかどうかを決めるようにしましょう。

全身脱毛をする時のかかってくる時間、それから料金なども比較して、その上で見定めることが大事だといえます。

体が毛深くて困っていると言うのであれば、遠慮する必要はないのでとことん利用しましょう。

脱毛器と除毛クリームの違いとは?

自分で行う脱毛方法の1つとして、市販されている脱毛器や除毛クリームを使用するといった方法があります。

エステサロンや病院で施術を受ける事と比較すると自宅で気軽に脱毛をする事が出来る事で人気となっています。

脱毛器の特徴として、使用方法が簡略化されている事で機械が苦手な方でも簡単に使用する事が出来るといった点が挙げられます。

スイッチを入れて脱毛したい箇所に滑らせるだけで綺麗に脱毛する事が出来ます。

また、店舗の脱毛器と比較すると家庭用となっている事で出力は弱くなっていますが、光を照射する本格的な脱毛器も販売されています。

脱毛効果を実感する事が出来るだけではなく、定期的に使用する事でムダ毛が生えにくくなるといった効果を得る事も出来ます。

一方で、除毛クリームと比較すると購入費用が高くなるといったデメリットがあります。

除毛クリームは、商品価格が安い事で気軽に脱毛する事が出来るといったメリットがあります。

様々なメーカーから販売されている事で自分の肌に合った除毛クリームを探す事も出来ます。

また、脱毛時には除毛クリームを塗って数分放置するといった単純な作業となっている事で家事をしながらでも脱毛する事が可能です。