痛くないvioラインの医療脱毛の施術方法ってあるの?

レーザーを用いた医療脱毛はエステ系で行われている光脱毛に比べて痛みが強いものです。

vioラインなどの肌が薄い部分なら尚更です。

今回は痛みが不安な方に、vioラインを照射しても比較的痛くない医療脱毛のレーザー機械を紹介して行こうと思います。

現在、日本のクリニックで主に使われている医療脱毛の機械は「アレキサンドライトレーザー」「ジェントルレーズ」の2種類です。

これらは90年代後半と0年代前半に日本に輸入された機械で、元々は白人女性の肌に合わせて作られたものなので、黄色人種である日本人にはやや刺激が強い仕組みになっています。

なので、vioラインの施術を行う時は、この2つの機械を使用しているクリニックを選ぶのはやめましょう。

おすすめなのは「ダイオードレーザー」を用いた医療脱毛です。

比較的あたらしい機械なため、アレキサンドライトレーザーの1/3の痛みで済みます。

ダイオードレーザーの中でも「ライトシェアデュエット」は、効果はやや落ちますが痛くないと言われています。

クリニックによっては施術箇所に塗布タイプの麻酔を用いるところもあります。

痛くない医療脱毛を受けたいなら、事前にクリニックに電話をしてどの脱毛機を使用しているのか確認してみましょう。